自動消火システムエアロゾル、マシン火災をシャットアウト

エアロゾル製品概要

エアロゾル自動消火システム[STAT-X®]は、各種産業機械やエンジンなどを火災から守り、工場や客室への被害の拡大を防止するために開発された自動消火システムです。
工作機械の内部など密閉された空間内で発生した火災に対して、カリウムを主成分とする消火薬剤を超微粒エアロゾルで噴射することによって、燃焼の連鎖反応を化学的作用・物理的作用により抑制し、その効果によって消火するという方式を採用しています。

エアロゾル自動消火システム-01
エアロゾル自動消火システム-02
エアロゾル自動消火システムのイメージ画像

エアロゾル製品の特長

火災は、酸素や水素などの燃焼成分が生成・増加を繰り返す連鎖反応によって継続・拡大します。STAT-X®の主成分であるカリウム成分は、燃焼成分との化学反応によってカリウム化合物に変化、燃焼の連鎖反応を抑制することで火災を確実に消火します。
これにより、油火災の消火に必要な薬剤量(1m3当たり)は67gと従来の二酸化炭素(CO2)を主成分とする消火システムの700gに比べ、約1/10の薬剤量での消火を実現しています。

防護空間1m3消火時の必要薬剤量

ノズル一体型の構造を採用したことにより、取り付けに伴う面倒な配管工事が不要です。また、専用のホルダーを使えば、取り付ける機械の外側に穴を開け、取り付け・配線するだけで簡単に設置することが可能です。システムの全体重量は約3kg、制御盤も170㎜×250㎜×40㎜(EGS-01)と非常にコンパクトな設計のため、機械の設計を変更することなく設置することが可能です。

システム施行イメージ

仕様

■制御盤EGS-01/02の主な仕様

     EGS-01 EGS-02
サイズ H170 x W250 x D40mm H350 x W180 x D55mm
重量 1.3kg 1.9kg


入力電源電圧 AC100~200V 50/60Hz 50VA(停電時用の予備電源なし)
感知器(自動) バイメタル式の熱感知機にて起動 感知温度60℃(標準)
押しボタン(手動) [オプション]手動操作ボタンにより消火装置起動


電源表示灯<緑> 電源入力時点灯 停電時消灯
消火装置作動表示灯<赤> 消火装置作動時点滅
センサー異常表示灯<橙> 熱感知器断線時点滅
ブザー 消火装置作動時鳴動(連続音)
熱感知器断線時鳴動(断続音)
切替スイッチ 「点検」および「監視(通常運転)」の切替
「点検」時、消火装置は作動(通電)しない
初期状態 DIP1~4は全てOFF状態 DIP1・2はOFF、DIP3・4はON状態
DIPスイッチ DIP1 ON EXT1、EXT2が作動し、2秒後に消火装置が作動
DIP2 ON EXT2が作動し、2秒後にEXT1が作動し、消火装置が作動
DIP3 ON 熱感知器断線時にEXT1が作動する
DIP4 ON EXT1が反転動作となる(電源投入時反転)
使用温湿度範囲 屋内 温度:5~40℃ 湿度:90%RH以下
耐用年数 10年

■STAT-X®の主な仕様

型番 STAT-X® 100E stat-xの画像
消火薬剤量 エアロゾル消火剤:100g
防護容積 標準防護容積:1.5㎥
噴射時間 約10~14秒
重量 0.9kg
サイズ 円筒部全長:117mm、直径:76mm
耐用年数 10年

■熱感知器の主な仕様

感知方式 バイメタルを使用した熱反応式 熱感知器の画像
動作温度 ON:+60℃ OFF:+45℃
サイズ 直径:20mm、全長:25mm、ケーブル長:5m
耐用年数 5年

■オプション

※STAT-X®は、ファイアウェイインコーポレイテッドの登録商標です。

[お問い合わせ先] 汎用営業部 TEL 03-3436-1222/FAX 03-3433-5505