研究開発部

研究開発部邉見 貴

学生時代の専攻

学生時代は岩盤力学を専攻しておりました。日本の地下深部では、鉛直方向よりも水平方向の応力が大きく作用しており、それが地震を発生させる要因ともなっております。私は、数値計算の結果から新しい地圧評価法について提案し、博士号を授与されました。

現在の仕事

防衛装備品開発のグループに所属しており、弾薬の研究開発に取り組んでいます。新しい弾薬を開発するために色々な実験を行って基礎データを取得し、さらに、数値シミュレーションを用いて理論的検討を行っています。

入社後の感想

学生時代と大きく違う点は、自分だけでなく、みんな大勢の力があって一つの製品が完成するということです。多くの技術者と意見交換をして調整しながら開発が進むため、学生時代の専門知識だけでなく、色々な分野の技術を把握しなければなりません。そのような所にやりがいと難しさを感じています。

これからの抱負

より良い製品を作るためには、何をどのようにすれば良いのか見極める目を養う必要があります。そのため、自己啓発を怠らないように日々の業務に臨みたいです。また、弊社は火薬類を扱うため、業務においては常に「安全第一」を念頭におき任務を遂行していこうと思います。

記事はこちらから