研究開発

めざすのは多岐にわたり応用できる技術の集約化。

“A&E(Ammunition&Explosives)”---弾薬(防衛装備)と爆薬をスローガンとする私たちが、常にこの分野でリーダーシップをとってこられたのは、研究・開発のスタッフに現状に安住することのない変革意識がDNAとして受け継がれてきたからにほかなりません。

特に20mm曳光信号弾、20mm装弾筒付徹甲弾は、自社で試験場を保有するメリットを生かし、自社開発あるいは防衛省との協働開発で実用化されました。
また、25mm・35mm等の中口径弾については、海外メーカーとの技術提携をはかり生産を実現しました。

また、研究開発のスピードアップと高精度なシミュレーションのために、先進のコンピュータシステムを導入。 主力製品である弾薬・爆薬の可能性を、より多岐にわたって応用できる技術の集約化を目指し、あらゆるニーズに対応できる活用方法と技術の高精度化に取り組んでいます。



日本工機の技術力