沿革

わたしたち、日本工機の沿革です。


1933年 3月 カーリット爆薬製造会社、昭和火薬工業所を千葉県勝浦市に設立。
1934年 1月 鉱工業用カーリット爆薬の製造を開始。
4月 昭和火薬(株)と改称。
1942年 12月 日本冶金工業(株)より神奈川県横浜市戸塚作業所を譲り受け、軍用火工品の製造業務を継承。
1943年 12月 日本火工(株)と改称。
1951年 7月 警察予備隊に火工品類の納入を開始。
10月 米軍特需火工品類の製造を担当。
1952年 7月 日本冶金工業(株)に合併、同社の火薬火工部門となる。
12月 米軍特需砲弾類の填薬組立を担当。
1955年 11月 ヘキソーゲン爆薬(RDX)の製造開始。
1958年 10月 12.7mm機関銃弾の一貫生産を開始。
12月 日本冶金工業(株)より独立し、昭和火薬工業(株)として発足。
1959年 6月 各種火工品及び砲弾類の填薬組立を開始。
1964年 2月 昭和化成品(株)と改称。
1965年 11月 20mm機関砲弾の一貫生産を開始。
12月 硝安油剤爆薬の製造を開始。
1968年 11月 海外メーカーと35mm機関砲弾の技術提携を行う。
1970年 6月 日本工機(株)を設立。資本金6億円
8月 戸塚工場を福島県西白河郡に移転し、白河製造所と改称。
1971年 5月 昭和化成品(株)より火薬・火工品・銃砲弾等一切の営業権を譲り受ける。
7月 三井物産(株)の資本参加を得て、資本金15億円に増資。
1973年 5月 資本金を20億円に増資。
10月 35mm機関砲弾の一貫生産を開始。
12月 海外メーカーと技術提携を行いスラリー爆薬の製造を開始。
1974年 7月 海外メーカーと20mm機関砲弾の新規格薬きょうについて技術提携。
1975年 12月 興津工場を白河製造所に移転統合。
1981年 6月 新35mm機関砲弾について海外メーカーと追加技術契約を締結。
1982年 4月 ハーキュデットの販売を開始。
1983年 3月 創業50周年を迎える。
1986年 4月 スーパーエナーゲルの販売を開始。
1987年 6月 25mm機関砲弾について海外メーカーと技術契約を締結。
1988年 4月 ガンサイザー®の販売を開始。
10月 25mm砲弾の生産開始。
1989年 7月 新35mm機関砲弾の生産開始。
12月 全額出資子会社日工サービス(株)設立。(後に日工技研(株)に改称)
1990年 1月 エナマイトの販売を開始。
10月 エアバッグ運転席用ガス発生器とシートベルトプリテンショナーの販売を開始。
1992年 8月 18mm縮射弾の一貫生産を開始。
1993年 7月 エアバッグ助手席用ガス発生器の販売を開始。
1996年 2月 火薬共販会社(株)ジャペックスを設立。
8月 TPM優秀賞第1類受賞。
1997年 10月 MLRS・填薬組立工室完成。
1999年 4月 高圧送電線接続用融着ジョイントの販売を開始。
10月 日本冶金工業(株)、三井物産(株)の所有株式が日油(株)に譲渡され、日油グループの一員となる。
2001年 10月 ハイジェックスの販売を開始。
2002年 2月 発射薬製造工室群完成。
2003年 3月 創業70周年を迎える。
12月 ISO14001審査登録。
2005年 2月 ネットランチャー®の販売を開始。
2006年 3月 ISO9001審査登録。
2008年 4月 海上保安庁向け30mm普通弾、30mmえい光弾の製造を開始。
2009年 11月 リキッドランチャー®の販売を開始。
2010年 1月 エアロゾル自動消火システムの販売を開始。
2011年 1月 「はやぶさ2」プロジェクト参画。
3月 東日本大震災により白河製造所が被災。
7月 白河製造所が震災被害から全面復旧。
2013年 3月 創業80周年を迎える。
7月 ガンサイザー®用IC段発イグナイタ販売開始。
2014年 12月 「はやぶさ2」打ち上げ成功。
会社案内